食欲抑制剤リデュース

ダイエットで食欲を抑えられない

ダイエットで食欲を抑えられない時はコレを試してください

なかなか食欲抑えられないので、ダイエットが難しいという人もいると思います。

そもそも食欲を調整しているのは、脳内にある満腹中枢と摂食中枢です。

食事をすると、食べ物に含まれている糖分を血液が脳に運んでくれるのですが、同時に血糖値も上がり、満腹中枢を刺激することによって食欲が抑えられます。

つまり、血糖値が上がると満腹感を得られ、下がると空腹感が増すのです。

もし、抑えられないほどの食欲を感じた場合は、その場でかけっこをするように10秒間足踏みをしてください。

これによりアドレナリンが放出され、さらに血糖値が上昇するので食欲が抑えられるのです。

できない場合は、1分間ほどスローステップ運動をしてみてください。

階段や踏み台を使って、昇り降りをするのです。

噛むことによって、食欲を抑えることもできます。

食前にガムを噛むことで、空腹を抑えられるのです。

また、食欲を抑えられない人は、実は水分不足の可能性もあります。

実は、水分不足でも空腹感を感じるのだそうです。

人間の体は、食物が水を含んでいることを知っています。

なので、食事の前に水を飲むだけでも、空腹感は和らぐものです。

ダイエット中に甘いものは絶対によくないと思う人もいるでしょうが、飴玉くらいなら問題ありません。

と言っても、食べ過ぎはダメです。1粒が30キロカロリーから40キロカロリー程度ですので、食欲を抑えられないと思ったら1粒舐めることで、血糖値がすぐに上り、空腹が減少します。

リデュース

ダイエットで食欲がストレスにならない驚くべき方法があります

ダイエット中、好きなものを食べられないストレスを感じる人も多いはずです。

そして、我慢すればするほど食欲がわいて食べたくなってしまいますよね。

しかし、これは食べるのを我慢しているからということだけが原因ではないのです。

実は、食べることでストレスを抑えようとする働きが体の中で起こっているのです。

ストレスを感じると、交感神経が過剰になります。

すると、体は副交感神経を働かせようとするのですが、副交感神経は胃をふくらませて体をリラックスモードに持っていきます。

そうするとコルチゾールという物質を分泌し、これにより食欲を抑制するレプチンというホルモンの血中濃度が低くなってしまうのです。

さらに、お腹いっぱい食べる習慣があると、グレリンという成分が胃から過剰分泌され、食欲がわいてしまいヤケ食いをするようになってしまうのです。

つまり、交感神経と副交感神経のバランスをうまくとることができれば、ダイエット中に食欲によるストレスを感じることも減るということです。

ヤケ食いをしないためには、まず食事を始めてから30分以上は食べないということを心がけてみてください。

食べ始めて30分ほどすると、レプチンの働きにより満腹中枢が刺激されるので、食べなくても脳はリラックスできます。

腹八分目で食べるのをやめることを心がけましょう。

また、食事で胃袋を満たすよりも、彩りきれいな食事で気持ちを満たすことを心がけてみましょう。

ダイエット中だからと見た目も質素な食事だと、物足りなくてさらに食べてしまう恐れがあります。

これらのことを気を付けると、ダイエット中に余計な食欲を感じることも減るでしょう。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ