食欲抑制剤リデュース

食べないダイエット

ダイエットで食べない方法を知りたいかは必見です

ダイエット中なのにどうしてもお菓子を食べてしまったり、脂っこい食事をしてしまう人もいることでしょう。

食べ過ぎたけれど運動で挽回すればいいや、などと軽く考えているかもしれませんが、余分に食べた分を毎回運動で消費するのはかなり難しいです。

やはり、ダイエットをしたければ余分なものは食べないのが1番です。

でも、その方法が分らないから困ってしまいますよね。

だったら、余分に食べた分を運動で消費するのがどれだけ難しいこということを知っておけば、食べないように気をつけることができるのではないでしょうか。

例えば、ショートケーキ1個のカロリーは約300キロカロリーです。

これを消費するには、ウォーキングを90分ほどしなければなりません。

ちなみに、1キロの脂肪は7200キロカロリーもあります。

これを聞くだけで、余分なカロリーがどれだけ運動での消費が難しいか分かると思います。

毎回食後にデザートを食べていては、まったくダイエットにはなりません。

ショートケーキ1個を食べるだけで、90分のウォーキングをしないといけないんです。

運動で体重を減らす方法は、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることです。

運動で消費した分よりはるかに多いカロリーを摂取していては、意味がありません。

仮に自分は頑張れると思ったとしても、雨の日も風の日も、休むことなくウォーキングを行うなんて、かなり難しいです。

それならいっそのこと、食べないで我慢するのが一番簡単な方法だと思いませんか?

ダイエット中の人は甘いものが食べたくなったら、これを思い出してみてください。

リデュース

ダイエットの食欲が異常だとお悩みの方へ解決法を伝授します

ダイエット中の自分の食欲が異常だと考える人は、なるべく食事を1人で取るか、ダイエット中の人と取ることをおすすめします。

もし食欲旺盛な人たちと一緒に食事を取ってしまうと、それによって自分の食欲が刺激されて食べたくなってしまうので、ダイエットにはとても不向きなのです。

ダイエット中の人と一緒に食事を食べる場合は、自分もダイエット中だということを相手に伝えることで、互いに食べ過ぎを注意しあえます。

また、自分も頑張ろうダイエットに励めるのです。

もし飲み会に誘われたら、付き合いだし行かないわけにいかない、大勢の人との食事に出かけてしまうこともあるでしょう。

しかし、これもよくありません。

もともと食欲が異常なほど多い人は、大皿料理などに残った料理を勿体ないから、と率先して食べてしまいがちです。

また、それまでの大量に食べていたイメージから、周りの人から「もっと食べなよ」とか「それしか食べないの?」と言われ、ついつい食べてしまうのです。

仮にダイエット中であることを周りに伝えて、食べることを勧めないようにしてもらったところで、楽しく喋りながら食事をすることで、自分が食べ過ぎているということに気づかずいつも以上に食べてしまう恐れもあるのです。

つまり、ダイエット中には飲み会などには参加しない方が良いのです。

どうしても参加しないといけないときは、きちんと考えながら食べて食欲をセーブしましょう。

もし一人で食事をする場合は、テレビや雑誌を見ながらはよくありません。

そちらに意識が集中してしまい、考えて食べることが難しくなり、食べ過ぎる恐れがあります。

食事のみに集中しましょう。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ