食欲抑制剤リデュース

食べたいをストレスにしません

ダイエットで食べたいがストレスにならない正しい知識

ダイエットで綺麗に痩せるには、食事を我慢しないといけないと思っている人もいるはずです。

しかし、そうすると食べたいという欲求が強くなり、ストレスを感じてしまいますよね。

しかし、本当にきれいにやせたいなら食べることも重要です。食事の量を減らすのではなく、正しい食事をすることで、ストレスを溜めずにダイエットしましょう。

まずは朝食です。

1杯のお水とフルーツがおすすめですよ。

ビタミン豊富なフルーツは、健康にも良いのです。

あまりに沢山食べ過ぎると食欲を刺激して余計に食べたい気持ちが増してしまうので、注意が必要です。

お昼まで食べたい気持ちが我慢できず、ストレスが溜まるという人もいるはず。

それならおやつを食べましょう。

タンパク質やミネラルが豊富な栗やくるみ、ナッツ類なら脂肪燃焼作用もあるのでおすすめです。

ただし、好きな時に好きなだけ食べていいわけではなく、10時のおやつと時間を決め、少量だけにしてください。

ランチには赤味の牛肉おすすめです。

脂肪燃焼があり、また、昼から夜にかけては代謝が高くなっているので、ダイエットに最適な時間でもあります。

3時にはおやつを食べましょう。

タンパク質が豊富で脂質が少ないポップコーンがおすすめです。

ただし、キャラメルなどの味ではなく、シンプルな塩が良いです。

あるいは、ドライフルーツを食べるのもいいですね。 夕食は魚をメインに、玄米や野菜を一緒に摂取するといいでしょう。

このように、食べたい気持ちを我慢せず、ストレスなくダイエットをしてみてください。

リデュース

ダイエットで眠気と食欲が襲ってくる時にはどうする?

ダイエット中に、食欲と眠気を同時に感じたことのある人もいるのではないでしょうか。

人間は食事をした後、眠くなることが多いです。

これは、胃に入った食べ物を消化するために血流が胃に集まって、脳に行き渡る血液が少なくなってしまうためです。

では、ダイエット中の空腹時に眠くなるというのは、いったいどういうこことなのでしょうか。

ダイエット中だからと、食欲を無理矢理我慢する人もいることでしょう。

きちんと食事をとったのに食欲が湧くなら、これは我慢して正解です。

しかし、食事を抜いてるまで食欲を我慢するのは、良くありません。

食事をしないといけないのにダイエットだからと我慢していると、低血糖になってしまいます。

低血糖とは、血液中の糖分が基準値を下回る状態です。

低血糖になると、頭痛や立ちくらみ、倦怠感、冷や汗といった症状が出ます。

そして、眠気や脱力感も生じるのです。

眠いなら眠ってしまうのもありですが、食事をしないのは健康に良くありません。

軽く胃に何か入れるだけで、落ち着くこともあります。

また、仕事中であれば眠るわけにもいきませんね。

ダイエット中なのだから食欲を我慢しなければ、と意地を張る必要ありません。

健康のためにも、何か食べた方がいいです。

ダイエットだからといって、ただ食べなければいいというわけでもないということを覚えておいてください。

しかし、何でも好きな物を食べればいいというわけではありません。

低カロリーで健康的な物を食べましょう。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ