食欲抑制剤リデュース

ダイエットで食欲抑制する方法

ダイエットで食欲抑制する誰も知らないコツ

ダイエットをしたいけれど、食欲抑制が難しくて悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

好きなものが食べられない、周りが甘いものを食べている時に自分は我慢する、といったことは辛いですよね。

ダイエットといえばやはり食事の内容を見直すべきですし、なるべくカロリーの低いものを食べたいですよね。

それでも食欲抑制ができずに食べてしまうという人は、食事制限によるダイエットより、ランニングやウォーキングといった有酸素運動を取り入れたダイエットを中心に行ってみてください。

実は、ランニングやウォーキングを行うことで、空腹感が解消されるそうなのです。

ダイエットはどうしてもストレスがつきものですが、有酸素運動をしている最中にはストレスから解放されており、運動後には空腹感もあまり感じなくなっているのだとか。

また、運動すれば当然ながらカロリーは消費されます。

有酸素運動は体脂肪を燃やしてくれる運動ですから、まさにダイエットにピッタリです。

ここに加えて、運動後には食欲抑制化がされていますから、摂取エネルギーを減少させることができます。

食事制限だけのダイエットでは、ストレスがたまってかえって多く食べてしまい、失敗する可能性が高いです。

ですが、ランニングやウォーキングを取り入れることによって、自然と食欲抑制がされ、ストレスを感じることなく痩せることができるのです。

しかも、1日の食事の摂取カロリーを600キロカロリー減らすことを考えるよりも、有酸素運動で600キロカロリーを消費する方法が実は簡単です。

このように、無理なくダイエットできるといいですね。

リデュース

ダイエットで食欲が我慢できない時の賢い対処法

ダイエットしたいのに、食欲をがまんできないという人もいるのではないでしょうか。

しかし、そもそもその食欲は本物なのでしょうか?

人間は、食事の際に肉や魚が必要だと無意識に思い込んでいます。

そのため「何か食べなければ」と食欲を余計に感じてしまうのです。

また、食欲には本物の空腹感以外に、偽物の空腹感があります。

ドーパミンという体内物質が作用することで空腹を感じますが、このドーパミンはストレスでも作用してしまうので、ダイエットにより強いストレスを受けることによって偽の食欲が生じて食べたくなってしまうのです。

つまり、きちんと食事をしたはずなのにお腹が空いたと感じた場合は、偽の食欲である可能性が高いです。

では、食欲を感じてしまったらどうしたらいいでしょう。

実は、空腹は体に良いのだそうです。

満腹の時より空腹の時の方が暗記力は高まりますし、ホルモンの影響で体の修復機能が高まるため、肌がきれいになるのだとか。

ダイエットにおける食欲を、我慢できないものと捉えるのではなく、楽しめるようになるといいかもしれませんね。

もし食欲を感じたら、本当に自分はお腹が空いているのだろうか、と5分ほど考えてみてください。

そうすることで、本物の空腹感か偽物の空腹感をわかるでしょう。

仮に本当の空腹だとしても、この空腹のおかげで肌がきれいになるのだと考え、さらにこの後おいしい食事が持っているのだと思うことで、食欲を我慢できないと感じることも減るのではないでしょうか。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ