食欲抑制剤リデュース

ダイエットの食欲を抑える方法

ダイエットで食欲を抑える方法はコチラ

ダイエット中は、なにか食欲を抑える方法がないものかと悩むことがあると思います。

なかなか難しそうですが、実は食欲を抑えるのはそれほど難しいことではないんです。

まずは、早めに寝てしまうということです。

日中は仕事など何かしら活動をしているので、たとえ食欲を感じても我慢できます。

しかし、夜は辛く、ついつい食べてしまう人も多いはず。

そんな状態を回避するために、早めに寝てしまいましょう。

歯磨きをするのも、食欲抑える方法としては有効です。

歯磨き後は口の中がすっきりするので、食べたい気持ちを抑えられます。

きちんと食事をしたのに食べたりないと感じて食べてしまってはダイエットになりませんから、食後は早々に歯を磨いてしまいましょう。

炭酸水もダイエットの味方として知られていますよね。

飲むことで一時的に食欲を抑えることができるのです。

しかし、コップ一杯程度では食欲を抑える方法としては不十分です。

かえって胃を刺激して食欲がわいてくる恐れがあるので、500ミリのペットボトル1本分を飲み切るくらいがいいですね。

注意点としては、糖質が入った炭酸ジュースを選ばないということです。ジュースではダイエットになりません。

休日に家でゴロゴロしているとついお菓子を食べてしまうという人は、外に運動をしに行くといいでしょう。

ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動は食欲を抑える働きがあります。

ただし、運動をしたせいでお腹が空いたからといって、暴飲暴食をしないように注意した方がいいですね。

リデュース

ダイエット時に食欲でイライラしないために

ダイエット中は、食欲を我慢してイライラしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

そもそもなぜ食欲を我慢するとイライラしてしまうのでしょう。

きちんと食事をしたはずなのに食欲を感じるということは、セロトニンという神経伝達物質が不足しているかもしれません。

セロトニンは人間の体の中で重要な役割を持っていて、これが不足することで精神面にも影響をきたしてしまうのです。イライラしてしまうのはこのためですね。

イライラだけでなく、プレッシャーに弱くなる、欲求不満になる、といった症状も見られます。

これらの症状はダイエットには大敵で、ストレスを感じるために暴飲暴食をしてしまう恐れがあるのです。

生活リズムが狂ってしまうと、セロトニンが減ってしまいます。

ですので、ダイエット中はできるだけ規則正しい生活を心がけることが重要になります。

もしイライラしたら、気持ちを落ち着かせるためい深呼吸をしてみましょう。

深呼吸には、セロトニン神経を活性化させる働きがあるのです。

なるべく腹筋を意識しながらゆっくりと深く深呼吸をすると、より効果的ですよ。

ウォーキングのような軽い運動も、セロトニン神経を活性化させることができます。

闇雲に激しい運動をすればいいわけではなく15分程度の軽い運動が有効なのです。

体力に自信がない人でも、これなら行えますよね。

日光を浴びるのも、実は重要です。現代人は日光を浴びる時間が少ないので、セロトニンが減ってイライラしてしまいがちです。

規則正しい時間に起床し、毎朝晴れた日に15分ほどウォーキングをしてみると良いのではないでしょうか。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ