食欲抑制剤リデュース

ダイエットで食欲に負けない

ダイエットで食欲に負ける方への必見アドバイス

食欲に負けることがダイエット中の悩みだ、という人は多いことでしょう。

うまく食欲をコントロールできれば痩せられるのに、食べ物の匂いについ反応してしまったり、食事の誘いを断れずデザートまで食べてしまった、なんてこともあると思います。

実は、食欲と香りには密接な関係があります。

つまり、香りをうまく利用することによって食欲に負けることがなくなり、ダイエットがうまくいくのです。

人間の体は自律神経が乱れると脂肪を溜め込んでしまうのですが、香りには自律神経を整える働きもあります。

風邪をひいたときに食欲が出なかったり食べ物が美味しく感じないのは、鼻の粘膜が弱っていて嗅覚が普段よりも鈍っているからなのです。

食欲を抑えるには、金木犀、バニラ、グレープフルーツの香りがお勧めです。

金木犀の香りには、オレキシンと言う食欲を促進する成分の分泌を抑える作用があるのです。

しかし、嗅ぎすぎは睡眠障害になる恐れがあるので、睡眠前にはやめておきましょう。

バニラは、ストレスによって脳が過食傾向にあるとき、それを沈めてくれる働きがあります。

どうしても甘いお菓子が食べたいときなどにバニラの匂いを嗅ぐと、落ち着けるでしょう。

グレープフルーツは、嗅ぐだけで脂肪燃焼効果があるとも言われていますよね。

嗅ぐと満足感を得られるので、食欲を抑えられるのです。

食欲に負けることを回避するには、これらの香りを食前の30分から1時間前に嗅ぐと良いでしょう。

そうすることで食べ過ぎを防げるので、ダイエットに有効活用できます。

リデュース

ダイエットで食欲をコントロールする正しい方法

ダイエット中なのについつい食べ過ぎてしまう、という悩みを持っている人は多いと思います。

そこで、食事の際に食欲をコントロールするため、食べ過ぎを防げる食材をご紹介します。

まずは、こんにゃくの主成分であるグルコマンなんです。

これは水溶性の食物繊維で、お腹の中で水分を吸うと膨張するので、空腹感を和らげると言われています。

さらに、炭水化物やコレステロールの吸収を抑えてくれるので、ダイエットに最適なんです。

それに加えて、整腸作用により便秘解消も期待でき、体内の有害物質や老廃物を排出してくれるので、体の中から綺麗になります。

グルコマンナンはパウダー状のものをスムージーなどに入れて飲むのがおすすめです。

朝食代わりや、間食の代わりに飲むと良いですね。

しらたきにもグルコマンナンが入っていますから、パスタやうどん、ラーメンの代わりに利用したり、細かく切ってお米に混ぜるとカロリーを抑えられます。

グレープシードオイルにも、食欲をコントロールする働きがあると言われています。

ぶどうの種から抽出されたオイルで、胃の中の食物や水分を胃から排出される時間を遅らせるので、満腹感を持続させることができるのです。

昼食の2時間前に小さじ2杯のグレープシードオイルを飲むと、食欲のコントロールが期待できます。

松の実には、食欲を抑制するホルモンの分泌を促す働きがあります。

毎日一握りほどの松の実を食べると、ダイエットに効果的だそうです。

タンパク質も豊富なんだとか。

ウイキョウと言うハーブのお茶も、食欲コントロールに効果的です。

利尿作用と発汗作用があるので、むくみも防止できます。

ただし、妊娠中の女性は摂取を控えてください。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ