食欲抑制剤リデュース

ダイエット中どうしても食べたい

ダイエットでどうしても食べたい時のあっという間の解決策

ダイエット中なのに、どうしても甘いものが食べたいという欲求に耐えられず、ついつい食べてしまうという人もいるでしょう。

どうしても食べたい欲求を我慢できないという人は、1時間ごとにコップ1杯の水を飲んでみてください。

そうすることで、自然とお腹を満たすことができるのです。

物足りなさを感じて何か食べたいと思ってしまう人は、甘味料が一切入っていない果汁やハーブティー、ジュースを炭酸水で割ってみましょう。

割合としては、コップに炭酸水が3分の2 、3分の1は残りの飲み物です。

それでも、どうしても固形物が食べたい場合は、全麦を使ったパンやクラッカーなら、血糖値の急激な上昇を抑制してくれるので長く満腹感を感じられます。

ただし、食べ過ぎはダイエットにならないので注意してください。

指圧で食べたい気持ちを吹き飛ばす方法も有効です。

人差し指を鼻と上唇の間において、20秒ほど押してみてください。

それを2回繰り返すと、激しい食欲を抑えられます。

このツボは、脳の食欲中枢を抑制してくれる働きがあるのです。

歯を磨いたり、うがい薬でうがいをするのもありです。

ペパーミント味のものなら、食欲が低下します。

ガムや飴も良いのですが、その場合は、あくまでダイエット中ですので無糖のものを選びましょう。

また、食べ過ぎると効き目がなくなって、食べたいという欲求がまたわいてくるので注意してください。

ダイエットには気分転換も有効です。

急にどうしても食べたい気持ちがわいたら、散歩や読書などをして気持ちをそらすと、数分後には治まっていることでしょう。

リデュース

ダイエットで食べたい衝動が起こった時にはコレを試しましょう

ダイエット中なのに、食べたい衝動に駆られて食べてしまう人は、どうしたらいいでしょうか。

肥満の人は、多くの場合自分で食欲をコントロールすることができません。

食べたい衝動に負けてしまい、すぐにダイエットに挫折して、リバウンドしてしまうのです。

どうしても食べたい衝動を抑えられないのなら、食べるものをなるべくヘルシーにするという方法もありでしょう。

ヘルシーなのに、満腹中枢を刺激することで満腹感を与えてくれるものは実は多いのです。

例えば、緑茶エキス、松の実、ふすま、お酢はダイエットに最適です。

緑茶エキスは緑茶を飲むのではなく、液体や錠剤としてエキスが濃縮されたサプリメントを摂取するのです。

食事の前に摂取することで、満腹感を得るホルモンの分泌を促してくれるので、食べる量をセーブできます。

松の実も、同じ作用が期待できます。

ふすまは水分を吸収して膨らむため、満腹感を得ることができます。

食物繊維も豊富なので、ダイエットに最適です。

ヨーグルトに粉末状のものを混ぜて食べるのがおすすめです。

しかし、水分が足りないとお腹の中で固くなってしまうので、なるべく水分をたっぷり取りながら摂取しましょう。

お酢には満腹感を与えるだけでなく、血糖値を下げる働きもあります。

食べたい衝動を抑えてくれるだけでなく、肥満の人にとてもぴったりな食品と言えるでしょう。

これらの食品を、全て時間差で取り入れてみるのもありです。

そうすることで、 1日中空腹感を感じず、食べる量が自然と減っていくのです。

どうしても食べたい衝動を抑えられないというダイエット中の人は、試してみてください。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ