食欲抑制剤リデュース

ダイエットで食欲を抑える

ダイエットで食欲を抑えるにはの疑問にお答えします

ダイエットで食欲を抑えるには、意外な方法があることをご存知でしょうか。

食事の時に食べ過ぎてしまうという人は、逆に食べることで食欲を抑えるという方法があるのです。

食事の20分前に、ひとかけらだけチョコレートを食べることで、食べ過ぎを防げるのです。

食前に血糖値が上がるので、軽い食事で満腹感を得られるのです。

少量の糖質を取ることがコツなので、チョコレートでなくても構わないのですが、いちばん手軽で手っ取り早い方法といえます。

間食をしたくなった時に食欲を抑えるには、ナッツ類やドライフルーツといった食べ物をゆっくりと食べましょう。

カロリーが高いので食べ過ぎるとダイエットになりませんか、噛みごたえもあるし健康的なので、お菓子を食べるよりもずっといいのです。

バナナと牛乳をおやつ代わりにするのももおすすめです。

バナナと乳製品には、食欲を抑える効果があるんですよ。

このふたつをシェイクにしても良いですし、ココアと牛乳、ハチミツと牛乳といった組み合わせも食欲を抑えるにはいいでしょう。

カフェインにも食欲を抑える働きがあるので、紅茶やコーヒーを飲むといいでしょう。

特にレギュラーコーヒーには、カフェインの含有量が多いです。

シュガーレスガムを噛むのもいいですね。

口寂しいとと思ったら、おやつの代わりにガムを噛むという人も多いはず。

無糖であればダイエットになりますし、甘いおやつを食べたいという欲求を抑えるには最適です。

このように、食欲を抑えるには我慢するのではなく食べることで、ストレスなくダイエットができるのではないでしょうか。

リデュース

ダイエットは食欲が辛い場合の知っておきたい解決策

当たり前ですが、食べる量を減らせば痩せます。

しかし、ダイエット中は食欲が溢れてきて辛いと感じる人も多いはず。

そのため、食べる量を減らさずに、なるべくカロリーの低いものを食べたり、運動で痩せようとすることでしょう。

しかし、多く食べ過ぎている人は、食事の量を減らすのが一番手っ取り早いダイエットです。

ではなぜ食欲を我慢するのが辛いと感じるのかというと、「食事の量を減らすのは辛い」という固定観念に縛られているからです。

食事の量を減らして辛いのは、あくまで食べたいのに減らすということが前提です。

しかし、これは当たり前のこと過ぎて、大抵の人は「食事量を減らす=辛い」といった感慨に縛られているのです。

ここで、考え方を変えてみてください。食事の量を減らすのが辛いのは、あくまで食べたいと思っている時だけです。

食べたくないのに食事の量を減らすのは、辛い事でもなんでもないですよね。

逆に、食べたくないのに食事量を増やすのは辛いものです。

私たちは普段の生活の中で、生きていくのに必要なレベルの食物は摂取できているはず。

必要を超えて摂取しているカロリーは、無駄に過ぎません。

ダイエットにおける過食は、ただの癖です。癖というのは、自分で直そうと思えば直せるものです。

食事の量を減らすことは辛いことではない、と考えるようにして、この癖を直すことで、ダイエットは成功する可能性がアップするでしょう。

また、いつもの癖で食事を大量に作っていないか、外食時にいつもの癖で大盛りを頼んでいないか、いつもの癖でおかわりをしていないか、まずは考えてみることも大事です。

リデュース

サブコンテンツ

このページの先頭へ